Brave song

前回のみたく、今回は海さんのまっしろな闇で一曲詞を書きました。

今度も作品から感じたことを抜粋したり、妄想したりした結果が反映してます。
どれが一体何なのか、是非とも自分で探してみてね。
とりあえず、元の曲のRapのリズムの取り方が難しいお陰でラップ詞はめっちゃくちゃ苦労しました。

個人的に好きなフレーズは
ときにぶつかりながら 角削り合って 互いに互い知って
と、
譲れないもの全部を 胸に抱えたままでは 歩けないよ
ちょっと 分かち合えば どこまでも進めるだろう

これは我ながら良く書けたんじゃないんすかね と思う。最近はワンフレーズは完璧な出来が浮かんでくれる。

1、もっと意地を張って いがみあった あの日は遠い記憶の中へ
振り返れば 蹄の跡 長く遠く
はっと 君の声で 目を覚まして まだ見ぬ明日へ向かって行く
この行く手に何があれど 構わない

揃わない足並み たまに見失う夜 幾度越えて
互い違いばっか な道を経て またそばにいる

ときにぶつかりながら 角削り合って 互いに互い知って
そっと 差し出された その手は離さないから
時間は戻らないから いとおしい日々は還らない
だからこの一瞬を 強く愛しく抱き締める

2、そっと 寄りかかった 軽い肩 今は温もりに委ねていよう
その小さな息遣いが 聴こえる

迷い戸惑いつつ たくさんの出逢い 積み重ねてきた
皆大切なモノ 背負ったまま 前を向いている

譲れないもの全部を 胸に抱えたままでは 歩けないよ
ちょっと 分かち合えば どこまでも進めるだろう
たまに不安な夜は 全て吐き出してしまって
不器用に笑ってまた 明日は少し強くなる

(Rap)長い道の先が不透明でも
不安だっても 行くしかないよ
散々泣いて たくさん笑って 街と街渡りずっと歩いて
互い互いに理想描いて 思い思いに希望掴んでく
黙ってるままじゃ始まらないから
伝えることで何か変わるから

共に編み出す Best phrase が いつかはやがて Brave song へ
辛い時でも上を向いて 光の方へ迎えに行こう
「旅に終わりはない」
違いない と言う君の横顔を見て
ほんの少し息を合わせたなら
きっと未来に花咲いてる I wish so(.)

望まずとも火の粉が 降りかかってくるというなら 薙ぎ払って
そっと 差し出された その手は離さないから
二度とはぐれないように 歩幅を変えて隣で
胸を張れるまで 今はちょっと待ってて...
スポンサーサイト
[ 2012/11/03 15:23 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL