decade

POKENOVEL十周年ラジオ前半にて流れました、POKENOVEL10周年を祝った楽曲です。

久しぶりに作曲もやってます。ラジオの1時間辺りからだと思います。
作曲に半年もかけてしまいましたがだいたいベースで三か月以上かかりました。
歌詞は続きから。

leap up を keep on
もう一歩踏み出して行こう
leap up を keep on
もう一歩踏み出して行こう

一つ 鐘の音が響く頃
二つ 手と手が重なる音
和気藹々とは言いあいたい
楽な道などは見当たらない

一つ 鐘の音が響く頃
二つ 手と手が重なる音
道曖昧にしてはだいたい
末広がりに進むマイライフ

きっと この軌跡が奇跡だった
異なった世界(ピース) 巡り会い出来るスーパーノヴァ

愛に触れてる 明日に続く 雷雨も越えて
無限の感動 伝え切れない
上手く行かない言葉にもがく煩悩
近くにいても 遠くにいても 感じ合える
時代の奔流 乗り越えてく
水平線を越す 光になる

leap up を keep on
もう一歩踏み出して行こう
leap up を keep on
もう一歩踏み出して行こう

出会って十年 これは偶然?
周旋 繰り返せば 十全
leap up を keep on
そう何度何度と耳の中で

「一つ 鐘の音が響く頃」と
その残響に馳せる願望
いついかなる時でも前進
エンジン を踏み込みただ奮迅

きっと 不思議な引力があった
僕たちは 導かれるように集まった

愛が深まる やがて一つに 近付いてく
至って十年 ここに居たって
居なくたって 心繋いだ道中
枝も広がって 花を咲かせて 季節巡る
笑って泣いた 記憶の粒
受け継いでく メモリの束を反芻

愛に触れてる 明日に続く 雷雨も越えて
無限の感動 伝え切れない
上手く行かない言葉にもがく煩悩
近くにいても 遠くにいても 感じ合える
時代の奔流 乗り越えてく
水平線を越す 光になる

leap up を keep on
もう一歩踏み出して行こう
leap up を keep on
もう一歩踏み出して行こう


───
ちょっと歌詞解説。
鐘の音が響く頃、は管理人のわたぬけの鳴らない鐘が響く時 から取ってます。
和気藹々とは言いあいたい、が言いあいたいのはいつも何かしら問題か抱えてるところから。
異なった世界は各投稿者の作品一つずつの事ですね。それが巡り合ったポケノベはまさしくスーパーノヴァ!
雷雨も越えて、は遠まわしにサンダーストームのこと言ってます。越えれてるのかなあ
無限の感動は小説読んだことに対する感動。いまだに感想書く時それを全部出せないんですよね
枝も広がって花を咲かせて、はまさしくポケノベの多芸さ。小説に収まらずあちこちで成功を積み重ねるサマ
みたいな感じで他にもいろいろ凝ってます。あとは自分で考えてみてください!
スポンサーサイト
[ 2014/08/17 22:48 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL