オーバートーク:奥村翔その1

ポケモンカードOVER DRIVEの投稿が先週終わり、今日から基本的に日曜日に1話ずつ投稿していく感じです。
先ほど1話を投げてきたところです。

個人的に創作アカウントなるものをTwitterでやるつもりがなく(ログが追いにくいし)、せっかくブログがあるのでオーバートークと称して個人的に私がPODに対して、キャラに対して思っている事。或いは設定や、作品についてをだらーっと喋っていこうかなあと思います。
第一回目の今日はメイン主人公の奥村翔の表面的設定。

翔決定項

提供:海さん

今回の奥村翔はPCS時代よりもちょっと髪の毛をワックスつけたりとかして大学生っぽくなってると思います。
免許は持ってて、車で移動するときは翔がレンタカーを借りて皆を連れて行くスタイル。
デッキポケットは赤で、手首につけるタイプ。
作中では触れるか分からないけど、姉は他府県に引っ越していて、現在翔は一人暮らし。
大学では理系(学部決めてるけどまだ保留で)で、恭介とは学部は同じものの学科は違う。
薫との関係はいまだに続いてます。
以前よりもマジメさよりかは茶化すことが多くなった? 書いてての体感だけど。
イラストで翔が右手にだけつけているのは、PCS最終話で有瀬が翔に託した指貫グローブ。託したカードもデッキに入れてあり、ここぞという時につけている。
有瀬戦で発現したオーバーズは、まだうまく扱えていない。自分の意思で発現させられない。
その一方、コモンソウルは自由に扱えるようになった。とはいえやみくもに使わず、Af戦など負けられない戦いでのみしか使わないようにしている。
コモンソウルはおおまかな感情しかわからないので、たとえば相手が嬉しいと思っていることが分かっても何故嬉しいかまでは分からない。
勝負に流用すると、相手が引いたカードが良いカードなのか悪いカードなのか。相手が攻めてくるタイミングなどが感じ取れる。
PCS時代では皆を率いていたポジションが多かったが、今回は風見がリーダーシップをとることが多くなったため立場としては一番中途半端。
実力としては普通の実力はそこまで高くないが、負けられない戦いなどプレッシャーを感じると調子が上がる傾向がある。(コモンソウルを使うこともあり、勝率が大きく変わる)

次回は風見雄大の表面的設定
スポンサーサイト
[ 2014/11/02 22:21 ] オーバートーク | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL