スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オーバートーク:風見雄大その1

OVER DRIVE第二話投稿です。
第二回目は翔達のブレイン、実質リーダー的な立ち位置となった風見雄大の表面的設定。

風見提出
提供:海さん

今回の風見雄大は以前よりも落ち着いた大人っぽい印象。
デッキポケットは銀色で、腰につけるタイプ。
また、眼鏡型のウェアラブル端末を保有していて、対戦時はそれをかける。そのウェアラブル自体がモニターの役目を果たし、ゲームの状況をリアルタイムで見れるようになる。
翔や恭介とは他大学。父親が電子機器で有名なTECKの社長であり、高校時代からエンジニアとして会社で働きながら学生生活を送る二足のわらじをしていた。
風見自体はこの新しいバトルデバイスの開発に携わった以降は、比率を大学生活にウエイトを上げている。
性格は基本変わっていない。熱くなりやすすぎる翔、優秀な参謀役となった恭介を上手くコントロールしているため、対Af戦線では実質的にリーダー的存在。
スカイスクリーンという名のオーバーズを少年時代から扱うことが出来ていたが、むしろデメリットを感じることが大きいため意図的に使用しないようにしている。
翔と違って感情の隆盛がなくとも自在にオーバーズの発現、解除が行える。
全国大会準優勝経験だけでなく、世界大会に行ったこともあり、ポケモンカードの実力は勿論人脈も広い。
使用デッキはドラゴンタイプを含む多色デッキ。エースカードによって速攻デッキかパワーデッキかが変化する。

次回は長岡恭介の表面的設定
スポンサーサイト
[ 2014/11/09 13:52 ] オーバートーク | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。