スターダストネオン

POD第一章序盤ED曲
言葉選びに自分で満足出来た方だと思います。
たくさんの「光」=理想や欲望、意思がある中で自分なりの光を見つけて立ち上がる。そんな翔達の姿を本編でも感じてくれれば幸いです。


1.数年前に描いた ”Yume.jpeg”読み込めば
いくつものレイヤーに 光満ちてた
現実の僕はまだ 歩き出しちゃいるが 三歩半
聞いてないよ こんなにも faraway ideal

大勢がごった返す 人混みをなかなか出られない
選択肢を見ても どれも選べない
臆病製コンベアに 乗せられてばっかじゃ たまらない
この先のテキストは 自分が書く そうだろ!

悠然と仰いだ空は 星一つ見えず 吸い込まれてしまいそうだ
明滅するネオンの中で 僕だけの理想が 熱を帯び始めてる
時を止めて 輝き出す瞬間を焼き付けろ

2.「レール上にいるだけで 満たされるようでは 青二才」
啓発的思想は 消化に悪いみたい
旧式アイデンティティも 磨き上げたのなら 武器になる
信じよう自分の声を 響け 空へ

楼閣のジャングルの中で 埋れてく光の その上を歩いている
放物線頂点を合わせ 僕だけの未来を 思い通り描いていく
長い暗闇 晴らして希望掴むのは今だ

どれも中途半端だなぁ…
足元に散らばる星屑
いい加減見せてよねぇ
僕の僕だけの天を照らす輝きを

悠然と仰いだ空は 星一つ見えず 吸い込まれてしまいそうだ
明滅するネオンの中で 僕だけの理想が 命の拍を打つ
楼閣のジャングルは今日も 数多くの星を 生み出しあるいは消えていく
放物線頂点を合わせ ほら未来は無限大 まだ始まってすらいない
風に乗せた 言葉が花開いていく
時を止めて 輝き出す瞬間を焼き付けろ
スポンサーサイト
[ 2014/11/28 22:38 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL