パストピクチャー

月蝕の6~8章向けのOP、いわば二期OP的な位置づけで書いた詞です。
久しぶりに他作品あてに書いた気がする。
いろいろ語りたいことはあるのですが、それはまた別のエントリーで語りたいと思います。


1.The breath of life が愛というなら
満ち足りていないから 胸が疼くのかなあ
Think of life 一人じゃいられないのは
一人では大したことができないから

誰もが何かを抱え
命燃やしてる 人の数だけなんとやら
生きてるこの刹那の中
我武者羅 意味を探している

憧憬が今
情景へと混ざり合って一つに 輝き出す
ここにいることで 「僕」はより「僕」めいていく

2.Stand back 全て語らずとも
こうやって隣りで笑いあえるんだが
Heart beat 伝えたいことは
決まって届かないんだ 息が苦しくなる

その眼の中映るのは
明日なのか それか記憶の彼方か
凪いでる空 この街へと
乾風(あなじ)が 13ノットで吹く

何か変わってく
変わるはずのない平穏が歪んでは 過ぎ去ってく
同じ毎日を 生きてはいけないけど
この瞬間だけ
切り取ってさ 閉じ篭っていたいな 叶わないけど
陽が暮れていく 影はまた大きくなっていく


きっと多くを手にした
捨てられないものになった
体に染み付いた記憶は
笑顔も痛みも「僕」を成している

憧憬が今
情景へと混ざり合って一つに 輝き出す
ここにいることで 「僕」はより「僕」めく
衝動でまた
次のドミノが倒されて 視界が広くなってく
僕はここにいる 逃げも隠れもしないよ
始まるメロディ 君と違う音を奏でよう
スポンサーサイト
[ 2017/03/23 16:08 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL