でりでりが行く! in北海道 トマム 3日目

リバード「色々あったんだね」
でりでり「色々あった。おっ、今サファイア殿堂入りしたよ」
デリバード「関係ないよね」
バクフーン「3日目は朝すぐに北海道でたからなぁ」
でりでり「うん」
デリバード「連れて行ってくれよ…」

でりでり「それじゃあ三日目です」

デリバード「無視!?」




おはよう。こんなもんもパクってみた。

kita93.jpg


朝ごはんは例のアメリカン。相変わらず国旗フェチだね。
今日も偏ったメニュー。うまそうなのが無いんだよ。

けど野菜に紫キャベツが加わったぞ


kita94.jpg


いただきます。

kita95.jpg


ごちそうさま。

kita96.jpg


部屋に戻る。ついでに歯ブラシとかももらっておこう。

kita97.jpg


父が荷物片付けてる間にバトルタワーしますか。(ダブルバトル)
カイリュー、ヤドキング、デンリュウ、デリバードの気長メンバー。
え?バクフーン?持ってないんだよ!!(結果はデリバードが足引っ張って10何連勝か。気長とかポケスペだったらデリバード最強なのにね)

kita98.jpg


送迎バス待ってる間、パールしてたの。そしたら右のほうにおっさんが座っていきなり「ホットライン」って言い出したの。
ふぅ~んって思ってたらホットラインを繰り返し始めたの!!
あ、あぁ…と状況が把握できたら今度は「ラーメンマン」だよ!?
しかも序々に音上がっていくの
そんなところに送迎バス。助かった。

んじゃ大阪に帰るか。トマム駅で珍しい青色の非常灯発見。恐らく色が剥げただけ。

kita99.jpg


行きと同じように、南千歳で降りる。おっ!貨物列車だ珍しい!(けどブレまくり。とまれよ

kita100.jpg


新千歳空港から1枚。

kita101.jpg


新千歳空港では写真のようなスタンプラリーがあって、ほぼ毎年してる。

kita102.jpg


kita103.jpg


まずはヒューズHK-1(アメリカ)&スティッツ・スカイヘビー(アメリカ)。
巨大飛行艇ヒューズHK-1と、最小のスティッツ・スカイヘビーは当時、それぞれ世界一をうたっていました。


kita104.jpg


続いてラ・ランデルヘリコプター(フランス)
1863年に設計された空想的な一機です。
飛行は不可能ですが、古典的で優美なデザインが魅力です。(1時間ごとにプロペラが回ります)

kita105.jpg


3番目はドニエルDo-X(ドイツ)&スピリット・オブ・セントルイス号(アメリカ)
ドニエル…1926年に製作された豪華飛行艇でしたが、飛行機の実用性が理解されず、定期航路に出ないまま博物館に寄贈されました。
スピリット…これは、1927年、リンドバーグが世界初の大西洋単独無着陸を果たしたときの愛機です。

光ってみにくい…


kita106.jpg


さてさて今度はジョージ・ケイリーヘリコプター(イギリス)です。
1843年に設計されたヘリコプターの元祖と呼ばれる一揆ですが、実際に空を飛ぶことはありませんでした。

kita107.jpg


途中でこんなんを見つけた。中にコカコーラの歴史とか書いてあるよ。
自販機はモチロン…

kita108.jpg


今度はレオナルド・ダ・ヴィンチの飛行機械模型コーナー(イタリア)
16世紀にルネサンスの天才、レオナルド・ダ・ヴィンチがデザインしたさまざまな飛行機械のスケッチをもとに作った模型です。

kita109.jpg


6機目はヘンスン&ストロングフェロー空中蒸気車(イギリス)
1842年に世界で始めて蒸気の動力期間とプロペラを備えて設計された飛行機ですが実際に空を飛ぶことはありませんでした。(30分ごおにキャラクターが登場するからくり仕掛けがあるよ)

kita110.jpg


そんでオットー・リリエンタールグライダー(ドイツ)
オットー・リリエンタールは世界初の飛行家と呼ばれる人物で1891年から96年の間2500回も飛行実験をしました。飛行機の原型とされるグライダーです。

kita111.jpg


北海一号機(日本)
大将15年、千歳飛行場に初着陸しました。旧日本軍の偵察機を民間が改造した航空機です。

kita112.jpg


9機目の紹介です。マッキMC.72(イタリア)$スーパーマリンS.6B(イギリス)
マッキ…国家の威信と航空技術力を懸けた飛行機レースが行われていた1934年に製作された、世界最速ピストンエンジン搭載の水上飛行機です。
スーパーマリン…これは、水上飛行機の権威あるシュナイダー杯レース3連覇を目指すイギリスが、1931年に送り込んだ当時最高速を誇る水上飛行機です。

kita113.jpg


ラストォ!ジービーR-1(アメリカ)&エアバスA300-600ST(フランス)
ジービー…1932年の全米航空レースのスピードを競う大会を征した優勝機でしたが、太く短い独特の形から操縦が難しく危険とされていました。
エアバス…ヨーロッパの4ヶ所の工場で組み立てられた飛行機の部品を、最終作業の工場に運ぶ為1994年に作られた世界最大の輸送機です。

急いでたからブレた。

kita114.jpg


どうでもいいけど行きは伊丹空港発新千歳空港着。なのに帰りは新千歳空港発まではいいけど着くのが関空。ワケワカランw

乗り終わって飛行機みると整備しようとしてました。お疲れさん。

kita115.jpg


ところでバクフーンは生きてます。

kita116.jpg


お昼ごはんは空弁。おいしかったでふ。

kita117.jpg


ところで関空はこんなことしてる。まぁレンジャー持ってないからいいけどね。

kita118.jpg


バクフーン、こら!荷物運ばれるところで遊ぶな!ブレただろ!

kita119.jpg


関空でると目の前にはJR関西空港駅って書いてた。光ってみにくい。

kita120.jpg


そっからバスで梅田まで。景色をパシャリ。

kita121.jpg


バスの中でスタンプラリーの景品を組み立ててます。

kita122.jpg


すんごい時間かかったのにすんごいボロボロ。マジ鬱陶しい!!

kita123.jpg


で、こうなる。

kita124.jpg



分かりにくいかもしれないので解説。ペッチャンコにした。

ここで写真は一応終わり。
この後梅田着いて自宅周辺までタクシーに乗って帰った瞬間塾。














そこから地獄のような春期講習が始まるのでした。


ちなみに今日は最後の日。テストあんだって。
スポンサーサイト
[ 2007/04/07 13:22 ] 企画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL