ポケカシリーズおさらいその2

8月2日のポケカ二周年に向けて適当に今までのお話を振り返ろうと思います。
それの第二回目。

連載中「ポケモンカードゲームシリーズ」
http://www.geocities.jp/derideri1215/library/card/top.html
今日は一年目の風見杯編から。
期間的には12月21日から1月11日。みじかっ
借金の保証人となった亡き父の代わりに翔らが借金を支払わなくいけなくなり、風見の開いた賞金付き大会に参加することに。
っていう感じの話。

本編ようやく始まったと同時に風見が徐々に壊れ始めたところ。
そして拓哉と石川と松野、向井が初登場。
同じく初登場の喜田はHFにも出ました。

この章で始めての能力者登場。
他にもいくつか伏線張られたストーリー的に意味のある章。
あと、対戦の書き方でPCC編の土台にもなった。


風見杯に翔を出させるというため無理やり借金押し付けましたがぶっちゃけ不要な設定でした。
理由いらないよね。


なにより翔VS拓哉(裏)はかなり書き直したく思う。
いつか書き直す。
スポンサーサイト
[ 2010/07/17 22:28 ] 小説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL