precious flame

今度は中編、Precious flameより。ブログのタイトルを作品や詞に輸入したとかなんとか。
当の作品はこちら

そのうち昨日のも加えて気長にもまとめようとは思うんだけどどういう風にまとめるかが決まってないのよねえ。

この詞は書いて消してを繰り返した記憶がある。
1、潰えた夢を 遠くで眺め
手を伸ばしたい でも届かない また俯いてる
小さな喜び 小さな悲しみ
繰り返して 継ぎ接ぎして 安い勘定で
見栄を張ったり 誤魔化したり

突然飛び去った当然 握った手釣り上げられ

無くした想い ぶり返し 瞳を閉じれば
闇の中に 光明を見つけたんだ 悪戦苦闘でも
全てぶつけ 倒れるまでは終わらない
終われないから 歩き出せるよ


2、無為に流れる 時間の中で
何を想い 何を探し 何を見ているの
僕はこうだし 皆はああだろう
知らない間に 大事な誇り 汚してしまってる
気付いたときは いつも遅くて

揺れて崩れてしまって 全て失ったとしても

火花が舞い 胸の奥 強く脈打ち
目覚めていく冴えていくまだ間に合う 一心不乱なら
この身が燃え尽きるまで 諦めないから
嵐の中でも 進んで行けるよ


間奏


潰えた夢を 遠くで眺めて
手を伸ばしたい でも届かない いや諦めない

焼けるほど 傷付いた 傷跡なぞり
もう一度 一瞬に懸けてみるんだ 泣き虫だっても
新たな地平臨むには 負けられないから
越えて行くんだ 昨日の僕を 明日のために
スポンサーサイト
[ 2012/02/23 17:00 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL