灯火

PCS亜空間編序盤のEDをイメージ

書き始めは良かったんだけど、最後のサビで詰まって難産
1、夢と現【うつつ】混ざり合って 全て0に溶けていく
やり場のない気持ちだけが 胸に募る

風の中で迷子に 還る場所を失った
不透明な未来に 不安を感じている

深い夜も いつか明けると信じたい

胸の中の小さな炎 朧げにも希望照らす
雨が降っても 嵐が来ても
耐えて 絶やさないで欲しい
頼るものは それだけだから


2、声と声が重なって 何度だってリフレイン
後ろばかり気にして 前に進めない

怒りさえ 明日の糧に出来たなら

儚く散った 数多の思い 重しになり踏み出せない
頭の中で すぐ蘇る
消えていった 声と姿【かたち】
いつになったら 僕を離すの

悲しみ苦しみ悩み続けた 先には
大事な何かが 瞼の裏浮かぶでしょう

朧げにも希望照らす炎 今集まり勇気になる
辛いことは まだあるだろう
だけど 僕はもう迷わない
託された希望 灯し続ける
スポンサーサイト
[ 2012/05/11 20:41 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL