Unsung hero

一時期荒れてたときに書いてた曲
まあ今も荒れてるかもしれないけどそれは胃だけなので大丈夫(?)

本当は出来もあんまりなので没にしようと思ったんですがブログのネタが無いので引っ張ってきました
でもAメロだけはうまくかけた

1、すれ違いに近い毎日 上手く言葉が噛み合わない
その苛立ちが棘に変わって 傷を広げてく
分かりあいたい和解は無い 折れる所が見当たらない
剥き出しにした牙を仕舞って 笑顔貼りつけた

救われない unsung hero

泥を被って 辛酸舐めたって 誰の胸にも響かない
悩みあったとして口も開けない 背負い込み過ぎなんて I know that
気丈に振る舞って 期待無くたって 来た道には戻れないけど
「守りたいモノがここにあるから」って 今日も走り続ける

2、あんなに頑張り続ける故 温度違いも甚だしい
守りたいはずのモノに向かって 傷を広げてく

報われない unsung hero

外が怖くて 内も嫌になって 一人居場所を見失う
何のためにやって何をしたいか 全て分からなくなるんだけど
愛が深くって 足洗えなくって 飽きることも出来ないから
「守りたいモノがここにあるから」って 呪縛にとらわれてる

間奏

大波小波が絶え間ないなんて頑張る心も耐えれないんじゃない?
それでも痛んだ心は 止まることなど知らないんだから
地に足が着いてなくても 新たに一歩を踏み出した
迫り来る高波に がむしゃらに 飛び込んだ

泥を被って 辛酸舐めたって 誰の胸にも響かない
当たり前のこと 当たり前のように 受け取っているから I know that
愛が深くって 足洗えなくって 飽きることも出来ないから
「守りたいモノがここにあるから」って 今日も信じ続ける
スポンサーサイト
[ 2012/08/08 08:31 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL