選手紹介その5

前文書き忘れたので追記。

今回は有瀬、山本、高津の敵側三人組。
選手ファイルその13 有瀬 悠介 投手 背番号00

有瀬悠介

神秘のヴェールに包まれた男
翔達を謎の空間に呼び寄せた男。詳しいことはまだ謎に包まれている。
チーム全選手の中で最も能力が高い。まさしく先発ローテション一番手のエースと言える。
特殊能力は少ないが、球種は7つあり、サークルチェンジ以外の球種は球威が高い。
球速はふつうだが、ストレートの球威はAとなっている。
変化量はどれもそれほど大きくないが、スローカーブやサークルチェンジで打者のダイミングを狂わせ、スライダーやシュート気味のオリジナル変化球、アルティメットゾーンでストライクを取れる。
追い込んでからのSFFで空振りを取れるし、高速スライダーで凡打を積み上げることも出来る。
打たせることも三振を奪うことも出来る万能ピッチャー。
ただ、コントロールがズレることがあるのと、エースの割にはスタミナが少ないため、完投しづらい所がタマにキズか。
ランナーがいると焦ってしまうところがあるが、強打者に対しては力を込めたピッチングが出来る。


選手ファイル14 山本 信幸 外野手 背番号18

山本信幸

全てを無に帰す暴君
PCCで翔や松野を苦しめた能力者。
守備が総じてひどい(エラー持ち)ので、基本的にDH要因。
かなり高い弾道と、左右どちらからでもそれなりに打てるミートから溢れるパワーで、驚異の下位打席を作り上げる。
特殊能力はあんまりないが、初球から積極的にスイングが出来る。
足は早くはなく、チャンスに弱くなるところが難点。


選手ファイル15 高津 洋二 捕手 背番号17

高津洋二

恐怖を呼ぶ男
PCCで恭介を苦しめた能力者。
火傷が残っているところから、ケガしやすさがひどい。
基本的には守備能力では正捕手の向井には一歩劣るので、対左の代打要員。
弾道もそこそこあって、パワーもある。
追い込まれたカウントからでもファールを打って粘り強く戦うことができる。
引っ張り気味の打球も一味あるか。
また、三塁からホームへ突っ込むときは相手の捕手にタックルする大胆さも持っている。
守備は向井に劣る、と言ったが、向井に何かあった時や代打を出されたときは第二捕手としてチームを牽引する。
スポンサーサイト
[ 2012/09/15 12:28 ] PCS野球企画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL