スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

選手紹介その8

なんだかんだで機材買ったので試合の様子流せますねこれ

そんなわけで今日は船井、中西、半田の三人。
次回からは一気に六人でいきます。
選手ファイル22 船井 和昌 投手 背番号27

船井和昌

翔が修学旅行先で対戦することになった相手。中継ぎ投手。
152キロを投げれる剛腕だが、球種が少なく球威も低め。
その代わり、パームもスライダーも変化量が多く、コントロールはそこそこ。
特にクイックが良いので、相手は盗塁しづらい。
ちなみに寸前とは、勝利やホールドポイント、セーブのつく場面で打たれやすいとのこと。中継ぎにしては痛いマイナス能力。

選手ファイル23 中西 哲 捕手 背番号72

中西哲

PCC東京でミロカロスを使い優勝したパパさんプレイヤー。
チームでは主に第三捕手として活躍予定。
の割には、捕球がFとかなり問題アリ。
打つ方はまあ、うん。程度。
その代わり他の捕手との大きな差が、座り送球が出来る事。盗塁されたときなどで、いちいち立たずとも座りながら二塁に投げられるので送球が早くなる。
実際のプロでも出来る人はそんなにいないので、希少能力ではあるが……。


選手ファイル24 半田 幸治 外野手 背番号55

半田幸治

風見杯編で翔と対戦した男。
半端な能力にしすぎた。
外野手登録ではあるが、基本的にどこでも守れる。
蜂谷、翔、拓哉は外野守備が結構出来るので、基本的には一塁か三塁の守備につくことが多い。
まあ、でも恐ろしくハンパすぎて言うことが特にない。
ヘッドスライディングは出来るらしい。
スポンサーサイト
[ 2012/09/18 12:20 ] PCS野球企画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。