スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ONE

PCS亜空間編後半(129話以降)のOP

これは製作期間が一年以上かかりました。
書いては繰り返してを何度も何度もしてようやく。

個人的には
1+1は大きな1になるんだ
とか、
握りしめた拳に~どこにも見当たらない
とか
点と点を繋ぎ円にするんだ
とかその辺のフレーズが好きです。

この曲の主体としては、バラバラの個々が気持ちを一つに合わせて、大きな一つの個になっていく。
みたいなことを言いたい感じです。あれですね、one for all的な感じです。
PCS読んでる人なら、「ああ、ここはあの話のこと言ってるんだな」みたいなことが分かるかも。

1、意味を失った標 不透明な行先
不安定な心で 不確かな足取りを
回り出した歯車 止められそうにもない
流れに流されずに 抗うようにするだけ

空を覆う雨雲 風と雷伴い
不安な気持ち煽り 心脅かしていく
たまにめげそうにもなり 泣き出しそうにもなる
でも僕ら前に行くと決めたんだ

何百回も悩んで 何百回もつまずいて
何百回も転んで それでも明日【まえ】を見ている

僕にも出来ることは何かあるんだ 誰かのために何かが出来るんだ
そうだろ? 支え合える きっと
点と点を繋ぎ、円にするんだ 1+1は大きな1になるんだ そうだろ
心を一つにして

2、握り締めた拳に 落ちていく涙の粒
拾うに拾いきれず どこにも見当たらない
組み込まれた歯車 引き抜けそうにもない
大きな流れの中 溺れぬようにもがく

地に着いてない足が 小刻みに震えだす
底冷えする恐怖が 体突きぬけていく
悲しみ怒り混ざり この心砕けても
まだ君がそばにいてくれるなら

何千回と迷って ひとしきり泣いた後に
ようやっと気づいたんだ たとえ君がいなくたって
僕の胸の中にいるんだ

今この一瞬に全てを懸けるんだ 命の炎燃やし尽くしていくんだ
後悔先に立たずだろ?
点と点を集めて円になれば 僕らの気持ちは一つになれるんだ きっと
輝きを空に解き放って

間奏

大切なものの重みは 失ってからその意味を知る
だから二度と失くしたくない 取り返して胸にしまいたい

何百回も悩んで 何百回もつまずいて
何百回も転んで それでも前へ進みだす

今この一瞬に全てを懸けるんだ 誰かのために何かをやり遂げるんだ
そうだろ? まだ終わりはしない
点と点を結び円にするんだ 1+1が大きな1になるんだ だから今
心を一つにして

僕たちにしか出来ないことが ここにあるんだよ
スポンサーサイト
[ 2012/11/01 17:59 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。